「シナ」って差別用語なの?

「支那」は「中国」の蔑称であるという誤解が一般に広まっている。しかしそれは正しくない。
国語辞典の「大辞林」(三省堂)は以下の説明を付している。
  しな【支那】 外国人が中国を呼んだ称。「秦 しん」の転という。
  中国で仏典を漢訳する際、インドでの呼称を音訳したもの。
  日本では江戸中期以後、第二次世界大戦末まで称した。
 また、明治二十二(1889)年発行の「言海」という国語辞典では「支那」はないが「支那人」という項があり、以下のように「支那」という語の由来を解説している。
  シナ-じん (名) |支那人| 〔支那、或ハ、震旦トモ記ス、印度ヨリ稱シタル名ニテ、文物國ノ義ナリと云、舊約全書ニSino
  トアルモ是ナリトゾ、或云、秦(シヌ)ノ威、胡(エビス)ニ震ヒシカバ、其名ヲ印度ニ傳ヘタルナリト〕唐土(モロコシ)ノ人、カラビト。唐人(タウジン)。
 つまり、中国語の「秦」が梵語(サンスクリット語、インドの言葉)に入り、その言葉が仏典によって中国に逆輸入された時、中国人自身が「支那」と音をあてたのである。
従って、「支那」という言葉は、元々中国人の作り出した、まさに中国語なのであって、日本人はその中国語を借りているに過ぎないのである。
なお、「秦」は英語に入るとChinaとなり、現在でも中華人民共和国の正式英語名称はPeople’s Republic of Chinaである。
 戦前の本を読んでみると、ほとんどの本はChinaのことを「中国」でなく「支那」と書いている。私は、当時の本を研究すればするほど、日本人は「支那」という言葉を侮蔑の意図をもって使い続けてきたのだとする説への疑念が、どんどん深まっていくのを感じる。中国を蔑視するような文脈はむしろ少なく、ほとんどはごく普通に、中華民国や中国大陸の通称として使われていたことが、はっきりと読みとれるのである。我々が「子ども」でなく「子供」と書くことに“差別的意図がある”なんて全く知らなかったのと同じで、当時の人々は、「中国」を「支那」と書くことが“差別表現”だなんて、全く知らなかった。中国を蔑視したくて「支那」と呼んだというよりも、「支那」という名前の方がより一般的だったので使っていた、ただそれだけのことだった。
それでは何故、「支那」という言葉をかように嫌がる中国人が多いのか。「ガイジン、ガイジン」とからかわれた外人が嫌な思いをするのと同じで、「シナじん、シナじん」とからかわれた中国人も嫌な思いをしたのである。「外人」も「支那人」も元々は差別用語でなかったけれど、からかいの言葉に悪用するなら人を傷つけることになってしまうのである。

 また、日本では中国を公式には王朝名で呼ぶのが慣例であり、清朝時代には日本政府も「清」と呼んでいた。「日支戦争」でなく「日清戦争」という名前はそのためである。
とはいえ、政府という区切りではなく地域・文化的な区切りでは「清」でなく「支那」が使われた。漢民族は「支那人」と呼ばれ、漢民族の言語である中国語は「支那語」と呼ばれていて「清語」とは呼ばれなかった。中国の王朝は同じ民族とは限らなかったから(漢民族だけでなく、モンゴル人の元、満州人の清などあった)、王朝が変わるたびに言語名を変えては大変なことである。この場合は「支那」が使われた。

 さて、1912年の辛亥革命で中華民国が樹立した時には、日本は中国を「中華民国」とは呼ぼうとしなかった。(日本政府は台湾の中華民国政府と国交を絶って以降、今でも中華民国政府を「中華民国」と呼ぶことは決してなく、ニュースなどでも通称の「台湾」が専ら使われている。これに少し似ているかもしれない。[しかし台湾という言葉そのものは支那と同じく差別表現ではない])「中国政府」という表現はほとんど見かけず、「支那政府」と呼ぶのが一般的であった。また、中華民国樹立以降~日中戦争の時期、中国は様々な政権が乱立し内乱状態にあり、中国大陸内の複数政権を区別して呼ぶ必要がある場合は「南京政府」「武漢政府」「重慶政府」(日本の南京占領後の臨時政府は重慶にあった)などと政府所在地で呼ぶこともあった。しかし、政府に依存しない、中国大陸そのものの地理的な呼び名は「支那」であった。
 ところで、国の名前を通称や略称ばかりで呼ぶことそのものは、必ずしも差別を意味するわけではない。イングランド・スコットランド・北アイルランドを含む「グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国」は専ら「イギリス」「イングランド」「英国」と呼ばれてイングランドで代表されている。「ネーデルランド」は日本語で専ら「オランダ」と呼ばれ、「スオミ」は「フィンランド」と呼ばれている。戦前の多くの日本人にとって、中華民国を「支那」と通称で呼ぶのは、それに近いことであった。
話を元に戻そう。この「中華」にはどんな意味があるだろうか。広辞苑(第五版)では以下の通り、
  ちゅうか【中華】 クワ
中国で、漢民族が、周囲の文化的におくれた各民族(東夷トウイ・西戎セイジユウ・南蛮ナンバン・北狄ホクテキと呼ぶ)
  に対して、自らを世界の中央に位置する文化国家であるという意識をもって呼んだ自称。中夏。
また「言海」では
  ちゆう-くわ (名) |中華| (一)四方ノ夷狄ニ對シテ、中央ノ開ケタル國。中夏。中國。(二)支那人ノ自國ヲ自稱スル語。
とある。(注目していただきたいのが、「言海」は、明治二十二(1889)年発行で日清戦争(1894-95)や中華民国樹立(1912)よりも以前だが、「中華」や「中国」というのは、中華民国樹立よりも以前から、中国人が自分の国を呼ぶ呼び名だったことがわかる。)
 中国国王に貢ぎ物を贈り、中国の弟分のような存在だった時代の日本でさえ、一般には「中華」とか「中国」と呼ぶことは少なく、王朝名ないしは「唐土(もろこし)」「支那」と呼んでいた。日清戦争に勝利し、そのような立場から脱却しようとしていた日本に対し、自分を世界の中心で優れていて、日本を含めた周辺諸国が野蛮だという印象のある「中華」という言葉で自国を呼ぶよう日本に求めた時、日本はどう感じただろうか。そう、「中華」「中国」は「支那」とは比べ物にならないほど差別的な語源を持つ言葉なのである。
 とは言っても、「中華民国」は当時の中国を支配していた政府の正式名称だったことに間違いはない。もともと「支那」という言葉そのものは差別用語ではなかったが、日本政府が正式名称を使わずに専ら通称のみで呼び続けたことが、結局中国政府の心証を悪くしてしまい、また「支那」に差別的な印象を抱かせてしまったらしい。これは残念なことである。
 しかし逆に、「中華」「中国」という言葉については、今ではその差別的イメージはすっかり消え去ってしまい、今では中国大陸あるいは中国共産党政府を指す言葉として日本語にしっかり根を下ろしている。言葉のイメージというものは時代によって変わってしまうものである。
 一方で「支那」という言葉が使われることは、戦後次第に減っていったが、天気予報で出てくる「東シナ海」とか、「インドシナ半島」、またラーメンの「シナチク」は現在も生き残っており、どれも「支那」のことである。中国人は「支那」という宛字を嫌っているという言い伝え(本当かどうかはわからない)のせいか、最近では「シナ」とカタカナで書き換えられることも多い。もっとも、「支那」と書こうが「シナ」と書こうが、単なる表記の違いに過ぎないというのが私の意見だ。昔「アジア」を「亞細亞」と書いたり「パリ」を「巴里」と書いていたのと同じことである。
 中国で最大規模のポータルサイト「シナ(sina)・ネット」を経営する新浪網公司は二十一日、本紙の取材に対し「シナ(支那)は中国へのべっ称」と一部の学者などから出ていた改名要求を拒否する方針を表明した。「シナは英語のチャイナを語源としており、それ自体に侮辱の意味は込められていない」というのが理由だ。
 最近、「中国青年報」など一部新聞が、中国最大のネットが「シナ」を名乗るのは国辱的だと、日本から帰国した学者などの意見を紹介する形で批判。北京大学の劉金才教授は「日本が中国への侵略を開始するにつれ中国へのべっ称として使われるようになった。シナは支那と発音が全く同じであり、もし日本で中国のことをシナと呼べば中国人とけんかになる」と名称の再考を促した。
 これに対し新浪網広報部は「シナは英語のチャイナの過去の発音。中国の英語名を変える必要がありますか。シナに侮辱の意味が込められているというなら、自身の国家を強大にすればいいだけの話。新浪網は将来、シナを世界のブランドにし、中国人が誇れる呼び名にする」と批判を一蹴(いっしゅう)。シナ・ネットにも「欧米人にチャイナと呼ぶのを許しながら日本人にだけシナと呼ぶのを許さないのは不公平」など同社を支持する意見が寄せられている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中