盂蘭盆

盆と言えば、子供の頃「うらぼん」は「裏盆」だと思っていました。
裏盆とみんな言うのに「表盆」が無いのが不思議で不思議で・・・。

大人になった今は「うらぼん」が「盂蘭盆」だとわかるのですが。

さて「盆と正月」と言われるように昔は年中行事の中でも一大イベントだったのでした。まあ昔ほどではないにせよ現在も大イベントでは有るのですが。

 

「盆」の期間
  盆は元々旧暦の七月十五日を中心とした行事だったのですが現在は、
   1、新暦7月15日前後・・・おもに東京近辺
2、旧暦7月15日前後・・・沖縄など
3、新暦8月15日前後・・・関西他(俗に「月遅れの7月15日」と称す)
4、その他の日付
 現在は3番目にあげた月遅れの盆が一番盛んなようです。この時期が学齢期の子供たちにとっては夏休みに当たり、「家族で田舎へ」といった計画には都合が良いからかもしれません。
その他の日付としては、「釜蓋朔日(かまぶたついたち)」といって7月1日(新暦or旧暦)とする地域もあります。また、7月7日を盆の始めとする地域もあります。7月7日を始めとするのは古い日本の習俗では七夕も盆と同じく「祖先を祭る行事」であったことから、性格のよく似た時期的に近接した2つの行事が融合した物と考えることが出来ます。
 現在の盆は13日~16日というのが一般的。中には13日~15日という地方もあるようですので一概にこれとは言えません。日付に関しては時代によっても多少変化したようで室町時代は14日~16日であったとも言われます。現在のようになったのは江戸時代頃からとか。
日付に関しては始めと終わりが多少異なることはあっても15日を含むことは変わりがありません。
 
盂蘭盆
 さて盂蘭盆の話しです。普通は「お盆とは、盂蘭盆のこと」というような説明が為されるあの盂蘭盆です。
盂蘭盆は中国で成立したとされる盂蘭盆経という仏教の経典に書かれた釈迦の弟子の目蓮が地獄に堕ちた母親を救い出すために衆僧に食事を振る舞い、供養したという孝行説話が起源だといわれます。で、この供養した日が7月15日だったことから、この日は先祖の霊を供養する日となったわけです。
なお、盂蘭盆とは梵語で逆さ吊りを表す言葉だそうで、「逆さ吊りの苦しみから救う」ための供養を行うわけです。我が国では推古14年(西暦606年)に法興寺で催されたのが盂蘭盆会の最初だそうです。
 
迎え火と送り火
 盆の入り(13日)の夕方、家の前で火を焚き祖先の霊を迎える。これが迎え火
盆明け(16日)の夕方に火を焚いて祖先の霊を帰す。これが送り火。盆送り、送り盆などとも呼ばれます。
迎え火、送り火の習俗は江戸時代に盛んになったもの。川や海に灯籠を流す行為や京都の大文字の送り火もまた、盆の送り火の一つです。
 
精霊流し
 先に書いた送り火の一種。船にしつらえた灯籠を川や海へ流しこの灯籠と一緒に盆 に迎えた先祖の霊を送り出す行為が原型です。九州北部での精霊流しは有名(ここで、歌を口ずさめる貴方は私と同世代?)。
場所によっては葦で大型の船を造って流すようなところも有るのですが、最近は海や川にあんまり物を流せないので回収しているのですかね?
精霊流しの際には、盆の間に供えた野菜や果物などのお供え物も流します。これは祖先の元へ供物を贈るという面と、死の世界と関わったけがれを水によって清めるという面をもったものでしょう。でもそのおかげで、昔の盆明けの浜辺はさながら八百屋の店先のようだったでしょうね。
 

盆踊り
 今は娯楽行事(あるいは観光用の行事?)となっている盆踊りも元々は、盆に返ってきた祖先の霊を迎え慰め、そして返すための行事でした。元来は縦に列をなして踊る形であったようですが、現在では輪になって踊る輪踊りも盛ん。輪踊りの場合は中心は精霊棚であったのでしょうが、現在は太鼓(あるいはスピーカー?)の載った櫓だったりします。 

盆と藪入り
 現在もお盆の時期は故郷への帰省ラッシュの時期です。現在よりも休みの少なかった時代、盆には奉公人が休みをとって実家に帰ることが出来る時期で、これを「藪入り」と称しました。
この時期はまた、他家に嫁いだ女性が実家に戻ることの出来る時期でもあり、自分と自分の家(先祖、ルーツ・・・)の繋がりを確認する時期だったんですね。
 

中国での盆会

この盂蘭盆会の中国での起源は随分古く『仏祖統紀 』では、武帝大同4年(538年)に帝自ら同泰寺で盂蘭盆斎を設けたことが伝えられている。『仏祖統紀』は南宋代の書物なので梁の武帝の時代とは、約700年の隔たりがあり、一次資料とは認め難い。しかし、梁の武帝と同時代の宗懍が撰した『荊楚歳時記』には、7月15日の条に、僧侶たちが「盆」を営んで法要を行なうことを記し、『盂蘭盆経』の経文を引用していることから、すでに梁の時代には、疑経の『盂蘭盆経』が既に成立し、仏寺内では盂蘭盆会が行なわれていたことが確かめられるのである。

この行事が一般に広がったのは、仏教者以外の人々が7月15日 (旧暦)中元といって、先祖に供物を供え、灯籠に点火して祖先を祭る風習によってであろう。この両者が一つとなって、盂蘭盆の行事がいよいよ盛んになっていったと思われる。

南宋代になって、北宋の都である開封の繁栄したさまを記した『東京夢華録』にも、中元節に賑わう様が描写されているが、そこでは、「尊勝経」・「目連経」の印本が売られ、「目連救母」の劇が上演され好評を博すほか、一般庶民が郊外の墓に墓参に繰り出し、法要を行なうさまも描かれている。

盂蘭盆」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりで、うらぼんのお話おきいて、,びつくりでした。きゆう暦正月十五お上元、七月十五わ中元と、 下元は何日かきいたことないね?あなたわ?

  2. 不老松さんへ
     
     老師、お久しぶりです。
     コメントの書き込みありがとうございます。
     
     確かに私も『下元』という言葉は聞いたことがありませんでした。
     
     そこで、調べたのでご報告いたします。
     上元 (1 月15日)
     中元 (7月15日)
     下元(12月15日)
     だそうです。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中