六四事件

今日は私の誕生日だ。でも、6月4日が素直に喜べなくなったのはいつからだろうか?
そう、あれは1989年6月4日です。
所は中国北京、天安門広場です。
当時、天安門広場には100人の学生や一般市民が広場を占拠していたのでした。
外国のメディアも連日北京からの報道を配信していました。
6月4日未明、軍が天安門広場に突入したのでした。
その映像をリアルタイムで見ていた私には衝撃が走りました。
私だけではなくて、世界中が驚愕したのです。
あれから17年の月日が流れて、中国の体制も少しづつ変わり始めていますが、
今の中国の繁栄を見るたびに、17年前を思い出すのです。
『六四天安門事件』

天安門広場では、胡耀邦の追悼集会を契機として、1989年4月ごろから学生が民主化を求めてストライキを始めたが、当初は学生だけの問題と報道され、中国国内でも重要視されなかった。この活動が全国的に広がっていったのは、天安門広場でカンパを集め始めたころからであり、天安門広場は、次第に意見を自由に発表できる場へと変貌していった。この事態に恐れをなした当局は6月4日、ついに軍事力でこのデモの参加者を無差別に虐殺する暴挙に出た。国内外のテレビ番組でもこの光景が中継された。また、武力弾圧のために進行する戦車の前にひとりの若者が飛び出して立ち往生し威圧し結局はその戦車が進めずに戻っていくという映像も放映された。

中国政府の発表によれば、天安門事件による死者は319人に留まるが、死者数千人説もある。また、中国当局の発表を鵜呑みにしてはならないが、天安門広場の中(あくまで広場の中だけ)に限れば、学生たちは軍の説得に応じて整然と退去しており、しかもその様子は、うまく広場に潜り込んでいたスペインのテレビクルーによって撮影されており、死者数が民主化勢力が主張するものよりは出ていないと思われる。また、この暴圧に参加した軍人も市民や学生の手によって数多く殺されている。自国民の鎮圧という事実の方が重要であり、死者の多寡は副次的な問題とする考えもある。

天安門事件の経過は世界各国で報道され、欧州諸国は対中兵器輸出を禁止するなど、世界中から多くの非難が浴びせられた。また、中国政府内でも、当時の中国共産党総書記である趙紫陽がデモ隊に同情的な発言をして失脚するなど、権力闘争の契機となった。

中国のインターネット検索では絶対に中国人民の目に見えないように公安部が常に監視しYahoo!で検索キーワードとして入力しても一切出力されない等の隠蔽工作をしているため、今の中国の若者たちはこの事件を知らない世代へと変わりつつあり危惧されている。いずれも独裁・共産圏の特徴である言論の封殺・思想の統合及び管理の弊害である。 そのためにも、中国若者たちはどしどし、欧米・日本など真の民主主義国家へ赴いて自国の真実を知ることが非常に重要である。

六四事件」への4件のフィードバック

  1. ご紹介のページはアクセスできないんです。
     
    この事件についてわたしも調べてみました。お父さんにも聞きました。なんか暗そうだったんです。
    お誕生日の日に嫌な思いをさせてしまって本当に残念に思います。できればもっとお喜びの気持ちでいてほしいんですけれども。

  2. 誕生日、おめでとう!
     
    こんな時うれしいことしか考えないでください。
     
    あの事件は、私達自身も経歴したことだった。ちょうど大学進学試験の直前で、
    学校の寮に閉じこまれ、交通手段もなくて、週末家に帰る為、2時間以上かけて
    歩いて帰ったよ。みんなは勉強とかもするきがなかったし、毎日授業中テレビを見る
    ことで過ぎた。本当に最悪の時期だった。本当にそのせいで一生の人生が変わった
    人がいるだろうね。今ごろ思ったら、本当に平和のことはなによりです。(@_@)

  3. 和平ホテルにジャズバーがあります。年配な方がグループを作って演奏しているようです。
    懐かしい曲ばかりと思います。
    ぜひ時間がありましたら見に行ったらいかがでしょうか。

  4. うん、日本の初戦ですけど、こんな負けました。残念でしたね。
    後の試合は勝つことができると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中