日本人と桜(花見の起源について)

春になって日本各地から桜の便りが届くようになりました。
日本人にとって「花」と言えば桜を連想します。
日本の花として、紙幣や硬貨にもデザインされています。
 
どうしてなのでしょうか?
そこには、日本人の習慣や美意識によるものだと思います。
元来、日本人は自然の淡い色を好みます。萌木色、紅梅など・・・
桜の控えめな色合いも、日本人の性格にあうのかもしれませんね。
 
そして、桜の花の散り際の潔さも日本人に好かれます。
(花が咲き一週間ほどで、いっせいに散ってしまいます。なにか人の生き方にもこうあるべきと、共感をおぼえるのかもしれません。)
 
日本には「お花見」という習慣があります。
花見とは桜を観賞し、遊び楽しむために公園などに出かけることを言います。日本では、毎年3月末から4月の始めにかけて、家族や仲間、会社の同僚が桜の木の下に敷物を敷いて座り、お酒を飲んだり、お弁当を食べたり、歌を歌ったりしながら楽しい一時を過ごす習慣があります。花見の名所では早くからの宴席を確保するために駆り出される先発隊の姿が見られます。

 お花見の起源は2つあります。

 1つは貴族文化的なものです。奈良時代の貴族にとって花といえば梅でした。それが平安時代に入って梅に変わって桜の花見が貴族の重要な行事となりました。812年、嵯峨天皇が南殿で宴を催したのがお花見の最初の風習と言われています。

 もう1つの起源は農民文化的なものです。春になると里のものが飲食物を持って近くの丘や山に入りました。ただしその当時のお花見は、桜の木に宿った田の神様にお酒など奉げ物をして豊作を祈り、花の咲き(散り)具合でその年の収穫の吉凶を占うといった、農事としての意味合いが強かったようです。

 

花見は桃山時代には武家の間でも流行しました。豊臣秀吉の醍醐の花見(1598年)はその豪華さで最も有名です。その後、江戸時代に入ってから農耕儀礼から切り離され、貴族の公式行事から離脱し花見は庶民の行事となりました。江戸幕府は、都市計画の目的で大々的な桜の植樹を行いました。とりわけ徳川吉宗は都市と農村の接点である江戸の周辺部に植樹し、花見の名所が生まれました。花見が都市周辺部で開かれたことで花見の大衆化につながりました。

 現代では、職場や地域のコミュニケーションの場として大切なものとなっています。

しかし、その風習も近年は個人主義的風潮からか「花見」をおこなわないところも増えてきましたね。私の会社でも数年前に廃止になりました。

とても残念なことです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中