いろは歌

皆さん、「いろは歌」ってご存知ですか?
「いろは歌」は、「いろはにほへと…」で始まる七五調で四句で切り、四十七文字からなる歌です。(現代の「あいうえお」みたいなものですね。)

古来手習いの際には同じ仮名で重複することなくこの歌が使われてきました。
通常では、一字一字を単独で読まれるが、意味をのせて漢字と濁点を加えた形
が次のように表します。
日本人なら誰でも幼いころから「いろは歌」を幼学必修項目として教わり、今日でも物の整理番号として数字同様に「いろは歌」は使われています。それでも不思議と最後まですらすらと言える人は殆どいません
いろはにほへと ちりぬるを | 色は匂へど 散りぬるを
わかよたれそ  つねならむ | 我が世誰ぞ 常ならむ
うゐのおくやま けふこえて | 有為の奥山 今日越えて
あさきゆめみし ゑひもせす | 浅き夢見じ 酔ひもせず
 
まるで、暗号みたいですね。 でも、この言葉には深い意味があるのです。


『涅槃経(ねはんきょう)』の
「諸行無常 是正滅法 生滅滅己 寂滅為楽」
を表すと言われる。

色は匂へど 散りぬるを
香りよく色美しく咲き誇っている花も、やがては散ってしまう。
諸行無常(しょぎょうむじょう)

我が世誰そ 常ならむ
この世に生きる私たちとて、いつまでも生き続けられるものではない。
是生滅法(ぜしょうめっぽう)

有為の奥山 今日越えて
この無常の、有為転変の迷いの奥山を今乗り越えて
生滅滅己(しょうめつめつい)

浅き夢見じ 酔ひもせず
悟りの世界に至れば、もはや儚い夢を見ることなく、現象の仮相の世界に酔いしれることもない安らかな心境である。
寂滅為楽(じゃくめついらく)

 この世に変わらないものってあるのだろうか?
とても愛していた女性がいました。
でも、彼女には婚約者が既にいたのです。それでも、私達は相手に惹かれていったんです。相手を尊敬できて、共感できる存在だったのです。
とても純粋な恋愛でした。そして、「一生いい友達で居てね。」の言葉を残して、結婚を決意したんです。
 結婚相手よりも私を愛していると言ってくれましたが、残された者は辛いですね~何を信じて生きていけばいいのか・・・
もうひとつ、私の子供のように面倒をみてた人と喧嘩して別れてしまった。「貴方のご恩は忘れないよ。一生かけて恩返しします。」と言っていたが、それも些細な事で反故となりました。
万物は不変では無いことは理解できるが、人間の心ほど変わりやすいものもないですね。
私が甘いのでしょうか?
「お人好し」といえば、お人好しですね。
でも、人を疑うよりも、最後まで信じて裏切られる方が私は好きです。
子供みたいな馬鹿な人間だけど、一生バカで生きていきたいです。
このままだと、一生結婚できないかぁ~~~~~

いろは歌」への1件のフィードバック

  1. 「信じられぬと嘆くよりも、
    人を信じて傷つくほうがいい。」っていう精神ですね。
    それほど純粋な恋ができたら、たとえ結果なんかなくても、
    素晴らしいことだと、私は思います。
    何と言っても、自分の納得できる道へ進めば一番いいじゃないですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中