錦瑟-李商隠

錦瑟無端五十弦   錦瑟 端(はし)なくも 五十弦
一弦一柱思華年   一弦一柱 華年を思う
荘生暁夢迷蝴蝶   荘生の暁夢 蝴蝶に迷い
望帝春心托杜鵑   望帝の春心 杜鵑に托す
滄海月明珠有涙   滄海 月明らかにして 珠 涙有り
藍田日暖玉生烟   藍田 日暖かにして 玉 烟を生ず
此情可待成追憶   此の情 追憶を成すを待つべけんや
只是當時已惘然   只だ是れ 当時 已に 惘然(ぼうぜん)たり

弦:正しくは糸偏

 いま、ここに、奏すべきその人をうしない、空しく残された錦模様の大琴がある。昔、伏羲氏は、その音調のあまりの悲しさゆえに、五十弦の瑟を壊したというが、はからずも、この錦瑟はそれに一致する五十弦のものである。その数多い一線一線の弦、それを支える一つ一つのことじに、私の華々しかった日々の記憶がかかっている。たとえ弦は絶ち得ても、こわせないだろう愛の思いが。
昔、荘子は蝶になった夢を見て、その自由さに、暁の夢が醒めてのち、自分が夢か、蝶が夢なのかを、疑ったという。夢のようだった愛の生活は、醒めざるを得ぬ今も、独りとり残された我が身の方を却って疑わせる。また昔、望帝は、肉朽ちて後も、春めくその思いを杜鵑(ほととぎす)に托したという。愛の執着は、そのように、昼夜も分たず哀鳴する鳥の声となって残るのだ。
思う、昔。あなたがこの錦模様の瑟を爪弾いた時、私はその音色を聴きわけるよき鑑賞者だった。奏するあなたの心が海の彼方に向う時、私はすぐさま、月の煌煌と照る滄海を思い、あなたの思いが山にある時、また直ちに、その音は玉山に暖く日の射すようだと指摘したものだった。だが今は、月夜に思い浮かべる滄海にも、かの人魚の涙珠のように、面影はひたすら涙をのみしたたらせ、白昼の夢にその姿を追えば、かの紫玉の如く、抱くより先に烟と化して燃えうせる。
だが、思い廻らせば――この失意、朦朧としてあやめ知らぬ私の思いは、今、追憶をなすこの時間において、始めてそうなったのだろうか。そうではない。何故なら、いま見定め難きものは、昔においても見定め難く、あの当時からして、はやすでに私たちの現実が朦朧としていたのだから。(高橋 和巳訳)

錦瑟-李商隠」への4件のフィードバック

  1. 時時ここにきて日本語の勉強おつずけたいんですよ、日本の和歌も大好きなので、お暇なら、いくらかお掲げてくださいませんか。

  2. 私も李商隠氏のこの漢詩が大好きです。見るたびに、色々なことを懐かしく思い出してきました。この世間のことは、分かりにくいけれど、この漢詩と同じくらい、本当に美しいなあ、と思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中