恋文(ラブレター)

これから、数回にわたって、日本文学の美しさについて書いていこうと思います。
中国でご覧の方は難解かもしれませんね。
 
古代の日本人はとてもロマンチックな民族でした。
好きな人に告白するのも、その返事も和歌と呼ばれる歌でします。
歌だけで、相手の知性や教養を推察するのです。
ですから、いかにすばらしい歌を作れることが、美男子・美女の条件だっだのです。
(実際に結婚するまで相手の顔を見ることがなかった時代ですから
容姿は関係ないのかも)
 
この時代の貴族の娘達は自由奔放に多くの男性達と
恋愛を楽しんでいたようです。
 
日本人の女性はつつましくて、優しいといいますが、
古代の特権階級の女性は意外と青春を謳歌していたようです。
 
 
 

恋文(ラブレター)」への1件のフィードバック

  1. 中国の少数民族も同じような習慣がありますよ。本当に羨ましいですね。素敵でしょう(*^_^*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中